東京都


[TOP]  [ランキング] [検索] [管理] [総合管理]


検索機能を活用してくださいd(^-^)ネ!

五の橋レディスクリニック
住所 東京都江東区亀戸6−26−5 日土地亀戸ビル8F
電話番号 03−5836−2600
ホームページ http://www.gonohashi-lc.jp/
男性外来or泌尿器科 ×
採精室 
AID 不明
情報
東京都特定不妊治療費助成事業指定医療機関
 No.750


池袋えざきレディースクリニック
住所 東京都豊島区池袋2−13−1 池袋岸野ビル4F
電話番号 03−5911−0034
ホームページ http://ez-clinic.jp/
男性外来or泌尿器科 
採精室 
AID ×
情報
情報主「O」さん
池袋駅西口C5出口徒歩1分のクリニックです。
院内に不妊センターを設置しています。
男性不妊の治療も積極的に行なっており、
体外受精・顕微授精・精子凍結などに対応しています。
(2008/08/15)
 No.749


うつみやす子レディースクリニック
住所 東京都新宿区西新宿7−11−15 サンフル西新宿4F
電話番号 03−3368−3781
ホームページ http://www.utsumiyasuko-clinic.com/
男性外来or泌尿器科 ×
採精室 
AID ×
情報
東京都特定不妊治療費助成事業指定医療機関
 No.746


新橋 夢クリニック
住所 東京都港区新橋2−5−1 EXCEL新橋
電話番号 03−3593−2121
ホームページ http://www.yumeclinic.net/
男性外来or泌尿器科 
採精室 
AID ×
情報
(1)東京都特定不妊治療費助成事業指定医療機関

(2)情報主「モカ」さん
AIDについて問い合わせたところ
「電話ではお答え出来ないので、一度来てください」
と受付の方に言われ、診察を受けました。

結果、「配偶者間の治療以外はやらない。TESEなら可能」とのことです。
院長が加藤レディスクリニックの副院長だった医師で、初診時に受付で
「不妊治療はつらくない」(加藤レディス院長の著書)をいただきました。
TESEの実績については不明です。(2007/12/10)
 No.745


みむろウィメンズクリニック
住所 東京都町田市原町田1−7−17 ガリレア町田ビル3F
電話番号 042−710−3609
ホームページ http://www.mimuro-clinic.com/
男性外来or泌尿器科 ×
採精室 
AID ×
情報
東京都特定不妊治療費助成事業指定医療機関
 No.740


うすだレディースクリニック
住所 東京都武蔵野市吉祥寺本町2−5−1 アヴァンセ吉祥寺2F
電話番号 0422−28−0363
ホームページ http://usuda-clinic.com/
男性外来or泌尿器科 ×
採精室 
AID ×
情報
東京都特定不妊治療費助成事業指定医療機関
 No.723


ウイメンズ・クリニック大泉学園
住所 東京都練馬区東大泉1−27−19 アラウダ大泉ビル
電話番号 03−5935−1010
ホームページ http://www.reniya-womens.com/
男性外来or泌尿器科 ×
採精室 不明
AID ×
情報
東京都特定不妊治療費助成事業指定医療機関
 No.722


とくおかレディースクリニック
住所 東京都目黒区八雲1−4−3 駒原ビル3階
電話番号 03−5701−1722
ホームページ http://www.tokuoka-ladies.com/
男性外来or泌尿器科 ×
採精室 
AID ×
 No.721


池下レディースクリニック広小路
住所 東京都台東区上野1−20−10上野風月堂ビル内3F・4F
電話番号 03−5807−1124
ホームページ http://www.ikeshita-clinic.com/
男性外来or泌尿器科 ×
採精室 
AID ×
情報
東京都特定不妊治療費助成事業指定医療機関
 No.720


慶應健康相談センター
住所 新宿区大京町30番地
電話番号 03−5363−3737
ホームページ http://www.khcc.or.jp/
男性外来or泌尿器科 ×
採精室 ×
AID ×
情報
(1)情報主「うみがめ」さん
このセンターは、慶應義塾大学病院の裏手の「別館」と呼ばれる場所にあります。
ここは人間ドックを専門に行っている施設で、婦人科のみあるのですが、
AIDしか行っていません。なので、排卵誘発などは他の施設で行い、
人工受精のときだけこちらへ来るというスタイルになります。
頼めば、大学病院の方でも誘発をやってもらえます。
医師は、慶應義塾大学病院の婦人科の医師が担当しています。
初診の時に夫婦で受診して、同意書や戸籍の確認、血液型の確認ができれば、
次回からは予約や連絡無しでも、受診当日にAIDを行ってくれます。
精子のストックが常時あるので、行ったけど出来なかったということにはならないそうです。
慶應義塾大学病院でAIDを行うより、手続きは簡単に行えるようです。
妊娠判定もこちらのセンターでは行いません。
なので、あらかじめ誘発をお願いできる病院がある方や、遠方から来る方にとっては
良いといえるのではないでしょうか?(2006/03/25)

(2)追加情報
今年度いっぱいで婦人科が閉鎖となり、AIDを行わなくなるそうです。
現在、初診は受け付けていませんので、上記の「AID」の箇所は
「×」マークをつけさせていただきました。(2006/06/06)
 No.711


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

No USER PASS

[TOP] [総合ランキング] [検索]
shiromuku(r)DATA version 1.20